下戸な2人で少しずつ色んな焼酎を楽しんでいます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
佐藤麦

今日は佐藤酒造の佐藤麦を開栓しました。
久しぶりの麦焼酎です。

少し生で飲んでみます。
麦の香り・麦の甘味は当然ですが、私が今まで飲んだ麦焼酎よりも香ばしさがあります。
後味に若干ビターな苦味を感じますが、決して嫌な苦味ではなく、
ほんのり甘味を感じることの出来る、甘い苦味(?)です。
どこかで「麦をローストしたような」と評されているのを見たことがありますが、
まさにそんな感じですね(^^)

続いてお湯割りで。
やっぱり濁ってますねぇ。コップの中で白~くなってます。
ちょっと温度が低かったせいか、生で感じた苦味があまり感じられなくなり、
甘味が前に出てきます。
冷めれば冷めるほど甘味が増していく感じですね。
アルコールの揮発が抑えられるからかもしれません。

最後にロックで。
一口目は多少苦味が感じられましたが二口目には感じられなくなりました。
同時に特徴もあまり感じられなくなりました(^^;
若干、今まで飲んだことのある麦焼酎よりも荒々しさを感じるくらいですかね。

生、もしくはお湯割りがおいしいですね(^^)


ランキングに参加しています。もしよければクリックしてください→にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ
スポンサーサイト
金峰櫻井

今日の晩酌は再び櫻井酒造の「金峰櫻井」です。
前回飲んだときには何故か味をほとんど感じることが出来ませんでした(^^;
今日はYouさんのアドバイスに従い、瓶を振ってから飲むことにしました。


まずは生で少し。
最初の一口はこないだの印象とさほど変わらず…。
しかし、二口めになるとどっしりとした味わいが感じられます。

続いてお湯割りで。
こちらも前回よりははっきりとした味わいの輪郭が見えてきました。
芋を焦がしたような香ばしさも感じられます。
ようやく金峰櫻井の味に触れることが出来ました(^^)


ランキングに参加しています。もしよければクリックしてください→にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ
金峰櫻井

今日は櫻井酒造の金峰櫻井を開栓しました。
まずは生で一杯飲んでみましたが、アルコールの刺激はほとんど感じられず、クセもほとんど感じられません。
というか、味があまり感じられないのですが…(^^;;
ほんのり甘味は感じますが、芋らしさはほとんどないですね。

続いてお湯割りで2杯飲んでみましたが、
生で飲んだのと同じ印象で、味が…。う~ん。
このブログでも大和桜なんかを「あまり特徴を感じない」と評したことがありますが、
これは正直それ以上ですね(^^; 体調のせいなのでしょうか?
少し間隔を置いて、また 飲んでみたいと思います。


ランキングに参加しています。もしよければクリックしてください→にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ
限定原酒妻

今日の晩酌は岩倉酒造の「月の中」と、その原酒「限定原酒妻」の飲み比べです。

と、思ったのですが、一杯目に原酒妻のお湯割りを4:6で飲んだら結構いい感じに出来上がってしまいました。
潜水坊主さんのお勧めの割り方です(^^)
確かに仰るとおり香ばしさが鼻から抜けて心地よいですね。
原酒ならではのどっしりとした高濃度を感じられてとても美味しいです。
ただ、ちょっと強いかな?3.5:6.5~3:7くらいがちょうどいいのかな?
という感じです。

続いて月の中を4.5:5.5くらいで。
さっきの原酒に比べるとどうしても薄く感じてはしまいますが、
ほどよい甘さ、芋らしさでこちらも負けず劣らず美味しいです。
甲乙つけがたいですが、高濃度らしい重厚感で原酒妻に軍配を上げさせて頂きます。


ランキングに参加しています。もしよければクリックしてください→にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ
池の露

また更新の間隔が少し開いてしまいました。
仕事がちょっとだけ、ほんのちょっとだけですが忙しくて、
帰りが遅かったり朝が早かったりが続いたので、
晩酌しなかったり、しても一杯飲んですぐ寝たりの日々でした。

で、明日は休みなので、今日はゆっくりと晩酌です。
先日開栓した池の露をお湯割りで。
やっぱり独特の甘味がありますね。
私のイメージでは「ざっくり」とした甘さです。
焼き芋とかふかし芋ってあんまり好みではないのですが、
何となく焼き芋をポキッと折ってかぶりついたような感じです。
「芋くさい」という表現より「芋らしい」という表現がしっくりと来ます。


ランキングに参加しています。もしよければクリックしてください→にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。